FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by Junghans(GRD)  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

BG(Barad Guldur)攻略。

BG(Barad Guldur)の攻略です。
12人用インスタンス

ドロップ:Radiance30装備
最低Radiance:120


【Lock1:入り口~道中】
BG_lock01.jpg
①入り口(兵士2体)
・The Amoured Flame-axe(右)
Distribution攻撃があるので近接は近接で集まりながら攻撃し、遠距離は遠距離で集まりながら攻撃。

・The Armoured Shadow-mace(左)
MT+CHN2でキープ、CHNはCorruption消しメイン。
倒した直後に4k程度の自爆ダメージあり。

②ここからボス前までノンストップ
UrukはTankAが取り、すぐに③の方向からもう一体のUrukが来るのでTankBがキャッチ。
Uruk二体と雑魚掃除が終わったら③まで移動。

③メッセージポイント
画面にメッセージが表示され、正面からUruk+雑魚が来るのでTankAがキャッチ。
Urukを倒すまでに出来るだけ雑魚を倒しておき、Urukを倒したら④まで移動。

④焚き火ポイント
焚き火到着前にUruk+雑魚が出現するのでTankAがUrukをキャッチして⑤の方向を背中にしてキープ。
すぐに③の方向からUruk二体目が来るのでTankBがキャッチ。
雑魚は④の焚き火周辺で倒す。
Uruk二体と雑魚を全て倒し終わったら⑤まで移動。

⑤Uruk三体倒すポイント
到着の時点で前からUruk+雑魚が来るのでTankAがキャッチ。
しばらくすると④の方向からUruk二体目が来るのでTankBがキャッチ。
一体目のUrukを倒し終わって二体目の途中で前から三体目のUrukが来るのでTankAがキャッチ。
三体目のUrukを倒したらすぐ⑥に移動したいので出来るだけ雑魚は倒す。

⑥二体の兵士前
焚き火の階段を上ったところでUruk+雑魚が来るのでTankAがUrukをキャッチしつつ、さらに階段を上って兵士二体の前でキープ。
※この時絶対に兵士はAddさせないように。

階段の中腹辺りで雑魚を掃除するがTankBは⑤の方向からくるUrukをキャッチするために階段下辺りで待機。

⑦兵士二体
右の兵士をGRD+CHNなどでキープしつつ、左の兵士を残りで左奥の壁沿いでキープしつつ倒す。
※この時兵士二体がいる場所より奥の部屋にはいかない。


------------------


『道中の注意点など』※以前の記事

・Urukは確実にTankが捕まえて隔離をする
前方、後方から来るので先頭と一番後ろにTankを配置して進んでいきます。
Urukを攻撃するのはTank+Rangeクラスで、他のメンバーは雑魚を優先します。
※Urukの周辺にはTank以外近寄らないよう気をつけましょう。

・進行スピードに気をつける
ノンストップで進んで行くことになりますが、内部はエリア分けになっているようです。
Urukを倒さないまま次のエリアに進むと、Urukが2体以上になる可能性もあるので、先頭を走るTankは先に行き過ぎないようにしますが、

前方から来るUrukを確実にキャッチするためにも、次の通路が見える場所に位置取る事も大事です。
また、ある程度Uruk以外の雑魚を引き連れたまま次のエリアに進むことも重要です。

・コンパクトな隊列を心掛ける
前方のTankと後方のTankに挟み込まれるイメージをRaid全体が意識をし、縦長の隊列にならないようにします。前方のTankが先に進んだら全体的に移動していきましょう。

内部を進んで行くと、入口にいた2体のMobがいます。
この2体がaddすると、背中にある扉が開きますが絶対に入らないようにしてください!
※入ってしまうと扉が閉まり、ボス戦の前の休憩が出来なくなってしまいます。
※吹き飛ばされて中に入ってしまった人はすぐに戻りましょう。

扉の中に入らないように倒したら、雑魚は来ませんので作戦会議や一息つくなどをしてボス戦に備えてください。

【Lock1 Boss:Durchest】

MT班…GRD+重装クラス2
残りは基本ボスのCorruption消しと雑魚兵士班となります。

ボスの位置取りは基本的にボス部屋正面突き当たりの角辺り。
雑魚兵士のキープ位置は、ボスの初期位置or部屋の中心辺りがベスト。
※この位置はHM最後の雑魚で効果があります。

ボス戦開始と同時にボスのタゲを取るのは
「MT班でMTになりたくない人、でも結果的にMTになっちゃってもいい人」です。
なのでGRDが2ならGRDでもいいですし、WDNやCHNなどのSTが良いでしょう。

次にMTになりたい人がボスのタゲを取ります。
タンク班の3人目はしばらく攻撃をせずにタンク班にぴったりくっついた状態で待ちます。



ボス戦開始と同時にタンク班は上記を意識しつつ3人が固まるような形で突っ込みます。
最初はタンク班以外の攻撃は禁止です。

しばらく3人で攻撃をしているとタンク班の3人の誰か2人に以下のDebuffが付きます。
WS000003.jpg
このDebuffが付いてない人がMTとなり、付いている人はCleave対象となります。
そしてこのDebuffが付いている人はさらに下記のDebuffが付き、100%まで上昇してヘイトが全く稼げなくなります。
WS_00036.jpg
注意点は最初にタンク班3人が近くにいない時に、Debuff対象が変わる点です。
2回連続で付いたら確定と思って大丈夫です。
そしてこのDebuffが別の人に切り替わることは(ほぼ)ありません。
吹き飛ばしなどでMTについた場合でも、次のDebuffで元々付いていた人に付き変わります。


しばらくすると雑魚兵士がやってくるので、タンク班以外で倒します。
雑魚兵士を倒すごとに雑魚兵士班はボスに付いているCorruptionを消しますが、雑魚を倒した後にボスが対象を中心とした分配攻撃をしてくることがありますので、雑魚兵士を倒した後は基本的に雑魚班全員で固まっておきましょう。

この繰り返しで雑魚兵士を5匹倒し、ボスを倒すとNMクリアとなります。

~ここからHM解説~

雑魚兵士5匹を倒した後はレイドのDPSにもよりますが、ボスの士気を180k辺りまで削ります。
MTがGRDやWDNであれば削りに気をつける必要はありませんが、MTがCHNなどになってしまった場合はタゲが剥がれる可能性があります。
急いで削る必要もあまりありませんので、タゲを剥がさないよう注意して削りましょう。

180kまで削ったらHMクリア条件である雑魚兵士を一匹ずつ出現させて倒します。
雑魚兵士はボスの初期位置後ろにある灯籠を使い、消すことによって出現します。
出現させる順番はボス部屋入口から見て左から

2-4-5-1-3

がオススメです。

基本的な戦術はNMの時と変わりありませんが、雑魚兵士を倒すごとにボスが分配攻撃などを使ってきますので確実に他レイドメンバーと重なることを意識しましょう。
集まりきれないと即死することもあります。

順番に雑魚兵士を倒し、4体目を倒した後から恐怖がきつくなり、Radが120しかない人は画面がかなり見辛くマップも目玉表示になります。

そして4体目を倒したら5体目雑魚兵士を出現させる前に、ボスの士気を20k辺りまで削りましょう。

理由としては、3番目の雑魚兵士を倒すとボスが雷の分配攻撃を使ってきます。
これをRNKのバリアやCPTの仁王身代わりなどで防ぐのも一つの手段になりますが、5体目を倒した後にすぐボスを倒してしまえば雷もボスは使えません。

ですので、4体目を倒しボスを20k辺りまで削り、5体目の雑魚兵士を出現させ雑魚兵士班で雑魚を倒している間に倒さないようにタンク班がボスを削ります。
雑魚を倒すまでボスを倒さなければ良いので、出来るだけ削っておきます。

5体目の雑魚を倒した後はタンク班雑魚兵士班全員でボスを攻撃し、ボスを倒します。
この時保険でRNKはバリア、CPTは仁王身代わりを入れておいても良いでしょう。



【Lock2:道中】
BG_lock02.jpg
①スニークワーグと巡回兵士入り口で探知し、ワーグと巡回兵士を倒す。

②幽霊兵士地帯
①からは左の壁沿いを進んでそのまま②の窪んだところに全員入る。
広間にはサムブログみたいな幽霊兵士が多数+巡回兵士が三体+スニークワーグがいます。

まずはワーグを探知し、ワーグをAddさせないように巡回兵士を二体倒します。
次にサムブログ兵士を釣りますが、Pull対象によってAdd数が変わるので注意します。
※サムブログ兵士にはFear禁止。スニークワーグが反応する時がある。

③ソーサラー(広間のワーグとリンクあり)
サムブログ兵士を倒したらソーサラーをCCしてそのままCCキープ。
先に反応したスニークワーグを倒す。

④スニークワーグと巡回兵士
ワーグはリンクがないのでそのまま倒す。
巡回兵士もそのまま倒す。

⑤兵士二体
安全に倒すため④まで引いて倒す

⑥兵士二体+巡回ソーサラーと巡回ワーグ
巡回ソーサラーと巡回ワーグが⑦の方へ行っている間に兵士を釣る。
④まで引いて倒す。
兵士二体を倒したらソーサラーをCCキープしてワーグから倒す。
※このワーグはリンクしていないようです。
ワーグを倒したらソーサラーを倒す。

⑦ソーサラー+兵士二体
MNSがソーサラーに散心を入れる間、残りは④で待機。
※散心が失敗したら死んだ振りでリセット。
散心が入ったら右の兵士をPullし、⑤の位置辺りまで引いて倒す。

ソーサラーはCCスタートで右側通行でソーサラーの右側から殴る。
※左側の通路にスニークワーグがいるため。Addすると阿鼻叫喚。
※ここのソーサラーへはFear禁止。ワーグ方面に動かれるとAddの可能性大。

⑧ソーサラー+スニークワーグ(リンクあり)+兵士二体+巡回兵士
まずはワーグを探知し、巡回兵士をPullして⑥の位置辺りで倒す。
巡回兵士が⑨の方向に向かうとき、スニークワーグが逆方向にいるか⑧の奥側にいるとき引くと巡回兵士のみ釣れます。
※タイミングが悪いときはBURの陽動で調整。
※廊下に吹き飛ばされると阿鼻叫喚。

ソーサラーをCCスタートし、兵士二体は⑦から⑥に向かう階段の壁沿いに乗り???にする。
画像参照。
ソーサラーにCCを入れるとワーグがリンクするので一発当ててワーグから倒す。
ワーグを倒したら兵士二体は放置でソーサラーを倒し、兵士を一体ずつ倒す。

⑨兵士一体
⑦辺りで適当に倒す。

⑩兵士二体+巡回兵士+スニークワーグ(⑪のソーサラーとリンクあり)
・⑩の位置にいる兵士手前の小さな坂の途中で⑩の兵士が反応するので注意
・⑩のMobを倒すまではPullする人以外は⑦で待機

ワーグを探知してもらい、ワーグと巡回兵士が⑪方面に行ったときに⑩の兵士二体を釣る。
⑦の位置辺りで倒す。
ワーグは⑩から⑪辺りが巡回ルートになっており、巡回兵士は⑪よりも奥~⑩の位置までが巡回ルートになっている。
ワーグか巡回兵士どちらかをBURの陽動で止めて調整すると楽です。

⑪ソーサラー二体+兵士二体+⑩のスニークワーグ
この状態になったら⑩手前の坂下に全員集合する。

巡回ワーグが⑪方面に行っているとき、MNSが兵士二体に散心を入れる。
※ソーサラーには入りません。
巡回ワーグが⑪方面に行っているとき、ソーサラーどちらかをCCスタート。
※このときLRM以外は全員壁際にいて視線を切る。
※LRMもCCを入れたら視線を切る。
CCが入るとスニークワーグがリンクするので、一発当ててワーグを最優先に倒す。
同時にCCをしていない方のソーサラーもこちらに来るのでCCやFear、スタンなどで対応しておく。
ワーグを倒したらCCしていない方のソーサラーを倒す。
CCしているソーサラーを起こし全員視線を切り⑩までソーサラーが来たら倒す。

兵士を一体ずつ倒し、ボス戦へ。

------------------

『道中の注意点や雑魚の特徴』
ロック1のボスを倒すと、エルフがやってきてBirdやRepairなどが出来るNPCが来ます。
ロック2に備えてHNTは必ず探知強化スキルを入れておきましょう。
また、レイドの編成も変更しPullをする人、CCをする人は必ずHNTと同じFSにしておきます。
ロック2の道中はかなり理不尽なaddや難しい場所が多々あるため、全滅覚悟で1体を倒す、倒す順番を決めておくなどの相談をして進んでいきましょう。

・Guldur Fell-hunter
基本的にスニーク状態でフロアを巡回しています。
スニーク状態はHNTの強化された探知で見つけることが出来ますので、コマ目に探知をしておくことが必須です。
ロック2に入った直後、階段を上がった直後、広いフロアの出口、奥の階段手前、階段を上がった所、ボス前の集団位置に巡回しています。

・Umbarrim Sorcerer
ソーサラーは9秒毎にCorruptionが付いたり消えたりしています。
このCorruptionが付いている時はCC(daze、fear、root)が一切効かないため、CCキープするときにはCorruptionが消えているときに使う必要があります。
また、ソーサラーは前述のワーグとリンクしている場合が殆どになるため、ソーサラーをCCスタートで始めてワーグを倒してから倒すのが良いでしょう。
ソーサラーと戦う時はCorruptionがあるかないかを確認し、ある場合は消してからスタン、fearなどをどんどん使っていくと楽に倒せます。

ソーサラーはセリフによって目玉や分配攻撃をしてきます。

You will betray your friends this day ○○!
名前を呼ばれた人は紫目玉が付きますが、POTなどでは消せません。
時間の経過により、地面に範囲Debuffが発生するので、目玉が付いた人はレイドから離れた場所で発生させてから戦いに戻ります。

Burn、○○!
名前を呼ばれた人を中心に分配攻撃が来るため、このセリフで名前を呼ばれた人は誰かに重なることが必要になります。

上記以外にもセリフ無しで青目玉が付くことがあり、これは紫目玉と同様の対処が必要になります。
目玉が付いたらレイドから離れて、Burnで名前を呼ばれたら誰かに近づく、という形で覚えておくと良いでしょう。

【Lock2 Boss:Cargaraf & Morgaraf】
・Normal Mode
CargarafをTankがタゲを持ちCargaraf側の通路を行ったり来たりして、Morgarafを倒すのを待ちます。
これはMorgarafが生きている状態だと、Cargarafの攻撃が半端ないためです。
「Away With You」のセリフと共にかなりのダメージスキルが来るため、常にCargarafから距離を保つことが大事になります。
尚、距離が中途半端になるとTankを追いかけることをやめ、Tank以外の人に攻撃し始めるので距離は長く取り続けてください。

CorruptionはTank以外の誰かに見てもらう必要があるため、Tankへのヒールも出来るRNKなどに任せましょう。
Cargarafに名前を呼ばれた人は紫目玉が付き、恐怖Debuffが発生するのでPOTですぐに消します。
また、青目玉が付いた人はソーサラーと同様にフロアの端に捨てに行きます。

Morgarafに対しての攻撃はRangeクラスはタゲを取らない意識をし、Tankが強制タゲ取りでキープ。
ただし、MorgarafのMelee範囲にいると、Melee-50%、Range+50%、Tactical+50%、PowerCost+50%などの効果が蓄積するため、どうしてもRangeクラスがタゲを取ってしまいます。
がんばってください。

・Hard Mode
ハードモード条件:片方のボスを倒したあと、10秒以内にもう片方を倒す

ハードモードはクラス構成によって方法が異なること、GRDが一人なのか二人なのか。
Caragraf(Shadow)をRangeでタンクするのかカイトするのか。

上記によって異なりますが、ここでは

・GRDは一人
・CaragrafはRangeでカイト

を条件にした方法を紹介したいと思います。

事前に把握しておきたいポイント
~Morgaraf~
・DebuffDotが付いたままタゲを取り続けると黄色目玉がつく
→黄色目玉が爆発するとAoE吹き飛ばし+ダメージ+ヘイトリセット

・近接しているとエリアDebuffがつきダメージをくらい、近接ダメージが低下する

~Caragraf~
・名前を呼ばれた人に対して紫目玉がつく
→放置で周りの人に感染+ダメージなのでPOTで確実に消していく

・タゲを持っている人が近接範囲に入ると「Away with You!」スキル発動
→食らうと6k~ダメージ+ヘイトリセットなので発動前に範囲外に逃げておくことが重要

~共通~
・士気が50%を切ると青目玉をつけてくる
→POTで除去不可のため端に捨てに行く

【倒し方】
Fire側にGRD+CHNを配置し、常にGRDがタゲを取るようにします。
※GRDとCHNのRadは140以上が最低ライン

GRDがタゲを取り続けている間、CHNはタゲを奪わない程度にCorruption消去重視にしてFireを削ります。
黄色目玉がGRDについたらGRDは爆発に備えて離れ、CHNがFireのタゲを取ります。

GRDの黄色目玉が爆発したあと、10秒間ほどヘイトが稼げないDebuffがつきますので、その効果がなくなるのを待ってからFireのタゲをEngageで奪います。

GRDとCHNはShadow側の士気が削れるまで上記を繰り返します。


Shadow側はHNTが豪腕でタゲを取ってカイトをします。
※カイトには慣れが必要ですので、NormalModeなどで練習をした方が良いでしょう。

Caragrafが立ち止まり恐怖Debuffをつけている最中に硬化時間の長いスキルでダメージを稼ぎ、それ以外は硬化時間の短いスキルで攻撃をします。

「Away with You!」スキルを食らわないようことが前提になります。

カイトHNT以外はタゲを取らない程度にShadowを攻撃してShadowを60kまで削ります。
※Shadowの削りは構成のDPS次第で変えてください。
※Shadowの士気が50%を切った時点から青目玉が付き始めるので捨てに行くことを忘れずに。


Shadowの士気が60kになった時点で、カイトをしているHNT以外でFire側を総攻撃します。
※Dreadが増える度にFireに入れたDebuffが消えるので確実に入れ直すことも忘れずに。

徐々にDreadがきつくなり、青目玉も多くなり、恐怖もつきますので、全てを確実に処理してください。
また、Fire側のDebuffDotによる攻撃にGRDが耐えられないと感じた時はCHNに少し取らせるのも良いでしょう。


理想はFire側を倒す直前までShadow側の士気を5kあたりまで削っておくことです。



【Lock3 Boss:Nazgul & Morskor】
~事前知識~
確実に倒したいのであればCCをするなど、構成に拘る必要があります。
DPSクラスは65の2nd武器が必須と考えてください。
ボス戦では戦闘中気力回復が0になります。
※Morskorを攻撃することによって気力が回復します。
Phase1はMorskorを士気150kを削るまで。
Phase2はNazgulとMorskorを相手にすることになります。
HardModeはNazgulを先に倒し、その後にMorskorを倒します。
Phase2では一人倒されてしまった時点で、ほぼクリア不可能になると思ってください。
ボス戦をリセットしたい場合、死んだふりをして門の外へ出てください。
※門の外へレイドメンバーが一人でもいる時点でボス戦は開始されません。
全員が仕組みを理解する、とは言いませんが目玉や自分のDebuffを確認し動けることが必須条件となります。
※仲間のフォローもありですが、その分その人に負担が掛かり、その人自身が目玉に対する反応が遅れる可能性があります。
Corruption担当以外はPhase2に入った時点でCorruption発動スキルショートカットを外すか、絶対に使わないようにしてください。
※Corruptionスキルの誤発動はレイド全滅となると思ってください。

全員がロック3をクリアしたい、という気持ちを持ってください。

~攻略の流れ~
Phase1(Nomal Mode、Hard Mode共通)

ボス戦が始まるとまずはMorskorと戦うことになります。

Morskorは一定時間で士気が緑になって飛び、着地した地点に紫のShadowプールを発生させます。
このShadowプールに入ってしまうと1k程度のダメージを受けることになります。

Phase1ではこのShadowプールの発生数を少なくすることによって、Phase2での戦闘が楽になってきますので、5~6個以上のShadowプールが発生した時点でDPS不足と思ってください。

Morskorには基本的に脅威の概念がありません。
黄色目玉が付いている人に対して攻撃をしようとし、その対象を追い掛け回します。
そして追いつかれてしまった時にスタン攻撃+ぼぼ即死攻撃をしてきます。
ですので、黄色目玉が付いた人は常にMorskorから逃げまわることを徹底します。
黄色目玉が付くのは完全にランダムとなり、一人目の黄色目玉が消える前に次の対象にも黄色目玉が付きます。
追いかけられるのは最初に目玉が付いている人で、最初の人の黄色目玉が消えた時点で次の人が追いかけられることになります。

Phase1の基本的な流れは

戦闘開始

①Morskorが黄色目玉をレイドメンバーの誰かに付けてくる

②黄色目玉の人はステージの外周を逃げまわる

③Morskorが立ち止まる

④Morskorが飛び立つ

⑤Morskorが着地をしてShadowプールを発生させ、その後ブレスを吐いてくる

⑥Morskorが黄色目玉の人を追いかけ回す

という流れになります。

①~②の解説
Morskorが動き出す前のレイドメンバーの場所は

Morskor

レイドメンバー

黄色目玉の人(壁際)

という状態になるようにし、黄色目玉の人はMorskorが動き出す前は必ずレイドメンバーの真後ろの壁に位置取りします。
Morskorが動き出すと、Morskorとレイドメンバーが重なるように合流できるため、近接クラスがMorskorに対してのDPSを出し易くなるメリットがあります。

Morskorとレイドメンバーが重なった辺りで黄色目玉の人がステージの外周を走りだすと良いでしょう。

③の解説
Morskorは黄色目玉の人のDebuffが消えると立ち止まります。
立ち止まった時点でMorskorの近くにいると、尻尾でスタン攻撃をしてきますので、Debuffが消える3秒前位には離れておく必要があります。
万が一スタンをくらってしまった場合はLRMが正義を入れるなどをし、Morskorの近くから逃げてください。
事前に正義を入れてあった場合はスタンさせられますが、スタンからの復帰が早くなります。

④~⑤の解説
Morskorが飛び立つ時に、飛び立つ方向を見ておいてください。
基本的にMorskorは飛び立つ方向でに着地をしますので、飛び立つ方向とは別の場所にレイドメンバーが集まり、黄色目玉の人はその後方の壁際で待機します。
着地をしてShadowプールを発生させると、Morskorが範囲ブレスを吐いてきます。
その後は①と同じような形でMorskorの士気を150k辺りまで削ります。


Phase2(Nomal Mode)

150kを切った辺りでMorskorの士気が緑になり、中心に歩いてくると画面がフラッシュし、いよいよNazgulが現れます。

このPhase2移行タイミングで下記の図のようにレイドは位置取りをします。

基本的にはこの配置をキープすることになります。
Phase2開始直後はGRDがFray the EdgeなどでFAを取りNazgulをキープしましょう。

Phase2に入っても相変わらず黄色の目玉が付きますので、黄色の目玉が付いた人はレイドの後ろの壁に位置取りMorskorの位置を確認してからステージの外周を逃げまわります。
黄色の目玉が消えた時点で最初のレイド配置地点まで戻ります。
また、Phase2からは最初に黄色目玉が付いている人の黄色目玉が消えた後は、ヘイトトップの人を追いかけ回しますので、ヘイトトップになってしまうHNT(タゲられている人)は常にMorskorとは反対の位置から攻撃をしている必要があります。
その後、Morskorが黄色目玉を別の人に付けてきますので、その時の対処は前述通りです。

Phase2ではさらにNazgulが紫の目玉を付けてきます。
目玉を付けてくるタイミングはNazgulが金切り声で叫んだ後です。
セリフは「I sense a seed of doubt in your heart」です。
この金切り声の後に紫目玉がランダムでレイドメンバー付きますが、いち早く確認するには自分のステータスに付くDebuffアイコンです。
目玉が頭上に付くよりも早くDebuffアイコンが付きますので、金切り声と同時にレイドメンバー全員が確認する必要があります。

そして紫目玉が付いてしまった人は下記の図のようにステージ中央に移動します。

紫目玉は対象を中心に範囲ダメージをばら蒔きますので、そのダメージをレイドに与えないようにするためです。
紫目玉が付いている人にはダメージはきません。

紫目玉のDebuffが消えたらPhase2の初期配置場所に戻ります。

~Phase2のNazgulのCorruptionについて~
BGロック3をクリアするためにはNazgulのCorruption対応が出来なければ100%クリアすることができません。
そのため、Corruptionを担当する人が確実に仕組みを理解し、対応できることが条件となります。

NazgulのCorruptionは青→赤→黄→青…というように倒すまでCorruptionが切り替わり続けます。
色ごとにDebuffの効果が違いますので効果は下記を参考にしてください。

では具体的なCorruption回しについて説明をしていきます。

まずPhase2ではNazgulのCorruptionを回していく担当を決める必要があります。
GRD…青→赤 黄→青を担当
LRM…赤→黄 を担当
※LRMは正確には青→赤の担当です。
RNK MNSなどをレジやミス、目玉対応時の担当とするのが良いでしょう。



Phase2の最初は青Corruptionから始まります。
まずはGRDがStingを入れ、Stingが入ったら報告をします。
すると10秒後に青→赤になりますので、Duration内にLRMがCorruptionスキルを使用し赤にしてしまいます。
しかしStingの効果は残っていますので、数秒後に赤→黄となるはずです。

黄色になった後はGRDがStingを入れて黄→青とします。
後はこのCorruption回しの繰り返しです。

では次にCorruption対応の具体的なタイミングを説明します。


b-rx.jpg
b-ro.jpg

GRD自身が自分のDebuffを確認し、黄色と赤のDebuffが残っていないことを確認したらStingを入れます。
Corruption回しをしていると三色付いている状態になりますが、その時は絶対にStingを入れて回してはいけません。


これは先に説明した通りで、青→赤のStingが入ったのを確認した時に担当者がCorruptionスキルを発動します。
つまり実際の赤→黄を担当しているのは青→赤の担当であるGRDになります。


y-bx.jpg
y-bo.jpg
GRD自身が自分のDebuffを確認し、青色Debuffが残っていないことを確認したらStingを入れます。
Corruption回しをしているとここでも三色付いている状態になりますが、その時は絶対にStingを入れて回してはいけません。

上記は全てメイン担当であるGRDとLRMが行ないますが、LRMに黄色目玉が付いてしまった場合、レジやミスなどの際にはRNKやMNSなど誰が代わりに回すかを事前に決めておきましょう。
決めないで適当に回した場合、レイドの全滅に繋がります。

・Hard Mode
ハードモード条件:Lieutenant of Dol Guldurを先に倒す

HMになっても基本的な戦い方はNMと変わりません。
NMとの違いはNazgulを先に倒すことになるため、黄色目玉が最後まで誰かにつき続けることです。

Phase1は全く変わらないため、Phase2以降を記載していきます。

lock3_v.jpg
当レイドでの基本的な位置取りは上記のようになります。

図ではタンクが横向きですが、タンクの位置取りとしては下記の方法があります。

・MTが中央に背中を向けてタンク
『メリット』
レイド全体を動かす際に左右の動きで良いため、MT以外の人が落ち着いて行動しやすい。
MT以外がMorskorの動きを見れるため、黄色目玉がついた人が対応しやすい。
紫目玉が付いた際、正面に走るだけで良いため対応が早くなる。

『デメリット』
MTからMorskorの位置が全く見えないため、レイドの誰かが確実にMorskorの接近とブレスの注意を促す必要がある。

・MTが中央を正面にタンク
『メリット』
MTがMorskorの動きを把握できるため、Morskorの接近、ブレスを回避しやすくなる。
レイド全体を動かす際に左右の動きで良いため、MT以外の人が落ち着いて行動しやすい。

『デメリット』
レイド全体がMorskorの動きを把握できないため、黄色目玉がついた際にMorskorの位置確認が遅れる可能性が高い。
紫目玉を後ろに捨てにいくことになるため、紫目玉への対応が遅れる可能性がある。

・MTが横向きでタンク
『メリット』
MTを含むレイド全体がMorskorの位置を確認しやすい。
※MTはCorruptionも担当しているので余裕ないとあまり意味ないです。

『デメリット』
レイド全体を動かす際に、レイドが前後の運動になるためMT以外の人が対応できない可能性があり、MTであるGRDがStingを入れにくい時がある。

個人的な見解では「MTが中央に背中を向けてタンク」がベストかと思います。
MTであるGRDはCorruptionを担当しているため、あまり余裕がなく、Morskorの動きはレイドから指示をもらってレイド全体を動かすほうが効率的かと思います。

『F2P以降のロック3について』

・Morskorのヘイトトップ追い回しがなくなった
ヘイトトップに黄色目玉がつかなくなったため、Phase2以降前にGRDはEngageでヘイトトップに立っておくとGRDに対して黄色目玉が全くつきません。
Phase2移行前にEngageを入れ、ヘイトトップにたったことを確認し、万が一Engageがレジられた場合は闇への挑戦を使用しましょう。
※NazgulのヘイトトップにもたつGRDは紫目玉もつかないため、Morskorのヘイトトップにたつことにより安定度が非常に高くなります。

・Morskorのブレスダメージが大きくなった
ブレスダメージが大きくなったことにより、Phase1から最後までブレスを如何に受けないようにするかが課題となります。
Phase2でMTがレイド全体を動かしてブレスを回避することは、ほぼ必須になったと言えます。
また、ヒール量も必要となるためMNS以外のCPT、RNK、LRMなどがMT以外のヒールを行う必要性が高くなっています。

・紫目玉の範囲が広くなった
紫目玉の範囲が広くなっているため、F2P以前の感覚で離れていても巻き込む可能性があります。
およそ15mくらいのようですので、紫目玉が付いてからの反応がより求められるようになります。

・ペットと従者に紫目玉がつかなくなった
ただし、RNKの石には紫目玉が付き、そのまま紫目玉によるダメージが発生する可能性が高いです。
※実際うちのレイドでは、一気にレイドが壊滅したことが何度かあります。
by Junghans(GRD)  at 12:21 |  攻略記事 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

No title

>Mobが死ぬ直前に自爆して4k~のAoEダメージが来ます。

Runekeeperがいれば、「do not fall to frame」や「~ to storm」でSG1st,2ndbossのように防げるんじゃないかなあと妄想しているのですが、試せていません。

lock1 HMでは5体倒したあと、ロウソク?を点けていくのですが左から順番に点ける必要があるようです。真ん中をさわるとスゴイことになります。いや、なりました……
by kno 2010/01/18 18:30  URL [ 編集 ]

トレイト他

Lt3.0HMクリアおめでとうございます。
なんか古いコメントが残ってますね。今みると何いってんだって感じです。

補足というか、細かいメモですが

・気力potはいつ飲んでもOK

GRDTrait
黄5、青2にしています。
僕はこんな感じです。


Guardian's Ward
Defensive Expertise
Brave Heart
Threatening Presence
Controlled Breathing


Stoic
Shield of Fire

伝説は
Challenge the Darkness
Guardian's Threat
Heart of Fire

スタンスは序盤がGuardian's Threatで、後半気力がきつくなってくるとブロックに変えてCaBを多めに使いますが、F2P以後pot回復量の上昇などで気力は楽になりました。

by kno 2010/09/27 00:59  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

更新履歴
プロフィール
Elendilmirサーバーにて活動中 【自宅住所】 Sprucebury 4Wending Way

Junghans(GRD)

Author:Junghans(GRD)
Rickowens(HNT)
Margiela(CHN)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。